05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
朝起きた時に、白色メインは目が痛いのでテンプレかえましたw。
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
盾(可動有り)の組立 
2008/04/15 [Tue] 04:46:25 » E d i t
今日も昨日に引き続き
体が動きまシェンw。
特に両足の内腿にかなり負担がかかったようですw。

さてさて、今回は盾の可動有りの組立です。
説明が分かり難いかもしれませんが御容赦下さい。m(._.)m ペコッ
1:↓のように組みます。
あれ?考えてみたら①の抜き孔は要らないみたいですねw。②だけ抜いて軸を接着後、①と②を貼れば良いようです。(^_^;)
INPTATEKA001.jpg

 接着後はこうなります。
INPTATEKA002.jpg

 ③と④を①の枠に合わせて貼っていきます。
 ここの画像も後のヤツは必要なかったですね。(駄目な俺・・・(;´д`)トホホ)
INPTATEKA003.jpg

 軸は付いていませんがこんな感じになります。
INPTATEKA004.jpg

 ⑥を嵌め込みます。
接着はしないでくださいね。動かなくなっちゃいますよw。
INPTATEKA005.jpg

INPTATEKA006.jpg

 
2:⑦の細い長方形の部分を切抜き、そこに、可動用のコマを通してから、コマに糊が付かないのとコマの移動箇所に糊が付かないように注意しながら⑧を貼ります。
 切抜き箇所は2枚目参照。
INPTATEKA007.jpg

INPTATEKA008.jpg


3:↓のように可動部分を取り付けます。
 こちらも2枚目以降を参照。
INPTATEKA010.jpg

 ↓のように可動部分を組上げる前にコマを可動部分に通して接着し、その後、組上げます。
 また、強度に不安のある方は3枚目のように(同じじゃなくても構いません)コマの接着を補強してから組上げて下さい。
INPTATEKA011.jpg

INPTATEKA012.jpg


4:出来上がった物を1の赤部分を糊代にして貼り合わせます。
INPTATEKA013.jpg


5:⑨と⑩を貼って完成です。
INPTATEKA014.jpg


こんな感じになるはずです。
INPTATEKA015.jpg


同じような説明ですがこちらの記事も参考までに。
http://mottarian.blog91.fc2.com/blog-entry-235.html
スポンサーサイト
インパルス組立 *  TB: --  *  CM: 2  * top △ 
COMMENT
この記事へのコメント
おぉwさすが可動ですね・・・
お勉強になります(_ _ )

ぜひマッチョになってくださいwww

2008/04/15 Tue 20:43:19
URL | SUI #-[ 編集 ]
SUIさん>
参考にしてもらえれば幸いです。
マッチョ目指して頑張りますw。
2008/04/16 Wed 04:23:44
URL | もったりあん #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。