07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
朝起きた時に、白色メインは目が痛いのでテンプレかえましたw。
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
色紙ZZ腕可動 
2007/03/23 [Fri] 14:30:44 » E d i t
ペラクラとは関係ありませんが、家の息子の所に、インフルBさんとヨウレン菌さんが遊びに来ました・・・。(;´д`)トホホ

気を取り直して腕の可動です。

今回は最初に肩の部分に可動部の軸となる部品と先に付けます。
ZZ0201135JPG.jpg
次に周辺部品を作り、
ZZ0201136JPG.jpg
合体です。
ZZ0201137JPG.jpg
この後ですが、反対側の肩を組む時は、先に軸を方の内面に先貼りしてから肩本体を組みます。そして腕を肘の接合部を新たに作り、接着します。1枚目は第一失敗例。接合部が短過ぎて可動できません。
ZZ0201138JPG.jpg
第二失敗例。長さは確保できた物の角を取り忘れました。
ZZ0201139JPG.jpg
そして、何とか辿り着いたのがこちら、これも腕同様、軸をぶっさします。
ZZ0201140JPG.jpg
実寸としては接合部の全長(パーツ2個分)が12㎜ぐらい、幅が10㎜、奥行きが7mmぐらいです。軸の長さは16mmです。
肘部の赤部品の裏側に軸と同径の孔を開け、軸を嵌め込み内面接着し、肘の青部品を付けるとこんな感じです。
ZZ0201141JPG.jpg
上の写真を基準とすると、腕及び肘の可動範囲はそれぞれ90°確保できました。
ZZ0201142JPG.jpg
この後は、手首の可動を考えていきますが、とよっぺさんが、ペパクラ作成を教えてくれそうなので、ちょっと、6角の勉強に脱線するかもしれません。
それと、息子の病気を聞いたせいなのか、何か私も変な感じ?

花粉の神様が遊びに来たのか、インフルB君が遊びに来たのかは定かではありません。
スポンサーサイト
ペパクラ *  TB: --  *  CM: 2  * top △ 
COMMENT
この記事へのコメント
手の可動もまたすごいですねぇ
季節の変わり目は風邪引きやすいんですかねぇ
僕もちょっと喉痛いです(涙
六角講座については別途メールしますね~
2007/03/23 Fri 22:19:49
URL | とよっぺ #-[ 編集 ]
とよっぺさん>
早速のメール感謝です~。
諸事情(メールの通りですw。)が有り、製品版の購入は先になっちゃうと思いますが、まずはフリーで腕を磨こうと思っていますので、今後、よろしくお願いします。
2007/03/24 Sat 04:46:34
URL | もったりあん #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。